お知らせ

 平成30年度の障害年金の金額について 2018/03/30


平成30年度の障害年金の金額は、平成29年度から据え置きとなりました。

平成30年度の金額(年額)は以下のとおりです。
----------------------------------------------------------------------
1.国民年金の場合

障害基礎年金1級:974,125円+子の加算
障害基礎年金2級:779,300円+子の加算

 ※子の加算
   2人まで・・・1人あたり224,300円
   3人目以降・・1人あたり 74,800円

  加算対象の子は、次のとおりです。
   ①18歳到達年度の末日を経過していない子
   ②20歳未満で1・2級の障害の状態にある子
----------------------------------------------------------------------
2.厚生年金保険の場合

障害厚生年金1級 (障害基礎年金(974,125円+子の加算))+(報酬比例の年金×1.25+配偶者の加算)
障害厚生年金2級 (障害基礎年金(779,300円+子の加算))+(報酬比例の年金+配偶者の加算)
障害厚生年金3級 報酬比例の年金(最低保証584,500円)
障害手当金    報酬比例の年金の2年分(最低保証1,169,000円)

※1級と2級は、同時に障害基礎年金(子の加算を含む)が支給されます。
※3級には、最低保証がありますが、1級2級には、最低保証がありません。
※障害手当金は一時金です。
※報酬比例の年金は、加入月数および給与により異なります。
----------------------------------------------------------------------
3.共済年金の場合

基本的な仕組みは、厚生年金と同じです。在職中は、報酬比例の年金は支給されませんが、障害基礎年金は支給されます。

※共済年金は、平成27年10月に厚生年金保険に統合されたため、平成27年9月30日までに受給権が発生した人に限ります。